逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 暴行事件の基礎知識

暴行事件の基礎知識

ここでは暴行事件の基礎知識について、様々な事例を元にQ&A形式などで解説していきます。

暴行は親告罪か?

暴行が親告罪か否かの相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。暴行事件で被害者が警察に告訴しない場合でも、立件される可能性はあるのでしょうか?

暴行の診断書について

暴行の診断書に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。暴行の診断書の有無や内容は、刑事事件にどのような影響があるのかについて解説します。

暴行で初犯だったら

暴行と初犯に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。暴行で初犯の場合であっても、暴行態様によっては不起訴にならない場合も少なくありません。

暴行で死亡した場合

暴行で死亡した事件に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。暴行を加えた被害者が結果的に死亡した場合、どのような場合でも死亡結果について刑事責任を負うのでしょうか?

暴行の証拠について

暴行の証拠に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。暴行に関する主な証拠は被害者の供述です。被害者と言い分が食い違っている場合、どのように対応すべきでしょうか?

暴行の慰謝料は?

暴行の慰謝料に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。暴行事件の慰謝料の意味や相場について解説します。

暴行による逮捕

暴行による逮捕に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。暴行罪で逮捕される可能性はどの程度か、逮捕されることの意味、逮捕された場合の対応について理解しましょう。

刑法上の暴行

刑法上の暴行に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。刑法で「暴行」という用語が出てくる場合、場面に応じて意味に違いがあります。

暴行で訴えられた場合は?

暴行で訴えられた場合に、暴行事件に強い弁護士に相談したい方へ。相手から、暴行で訴えられることは、心理的に大きな負担がかかります。適切な対処策を確認しておきましょう。

暴行での冤罪事件

暴行での冤罪事件に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。身に覚えのない暴行事件については、弁護士のアドバイスも受けつつ、粘り強く適切に対応する必要があります。

殴打による暴行罪

殴打による暴行罪に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。被害者を殴打してしまったという場合でも、弁護士に相談すれば迅速かつ適切に解決できることがあります。

暴行罪の科料とは?

暴行罪の科料に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。罰金と科料の違い、科料が課されるのはどのような場合か解説します。

暴行の加害者になった場合

暴行の加害者になってしまった場合に、暴行事件に強い弁護士に相談したい方へ。暴行事件を起こした場合でも、迅速かつ適切に対応すれば、最悪の事態を避けることができます。

暴行と過失傷害の関係は?

暴行と過失傷害に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。他人に暴行してしまった場合でも、そのときの状況に応じて、適用される犯罪名が変わります。

暴行で会社をクビにならない方法は?

暴行で会社をクビになりたくないとお悩みで、暴行事件に強い弁護士に相談したい方へ。会社によっては、暴行事件だけでもクビになることもあるため、適切な対処が大切です。

過失による暴行は犯罪になる?

過失による暴行に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。うっかり他人に危害を加えてしまった場合、どのような犯罪が成立するのでしょうか?

暴行で起訴されたくない

暴行で起訴されたくないとお悩みの方で、暴行事件に強い弁護士に相談したい方へ。暴行事件であっても、暴行の態様や前科によっては起訴されることもあります。

狭義の暴行とは?

狭義の暴行に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。「暴行」という言葉には、様々な意味合いがありますが、刑法上、狭義の暴行とはどのような意味なのでしょうか?

暴行の教唆とは?

暴行の教唆に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。暴行の教唆の意味、教唆の刑事罰について解説します。

暴行と器物損壊

暴行と器物損壊に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。相手と口論になり、相手の近くにあった物を壊した場合、暴行と器物損壊のいずれに当たるのでしょうか?

暴行と脅迫の違いは?

暴行と脅迫の違いに関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。暴行と脅迫は類似した言葉ですが、使い分けについて理解しましょう。

暴行で起訴される確率は?

暴行で起訴される確率について、暴行事件に強い弁護士に相談したい方へ。暴行罪で起訴されないか不安、できれば不起訴になりたいというお悩みに的確にお答えします。

暴行で起訴猶予になりたい

暴行の起訴猶予に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。暴行事件で起訴猶予になるためには、どのように対処すればよいか解説します。

暴行で緊急逮捕されることはあるのか?

暴行での緊急逮捕に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。緊急逮捕の意味、暴行罪で緊急逮捕される確率について解説します。

暴行の刑期は?

暴行の刑期に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。単に暴行したとはいっても、態様や発生した結果次第で、刑期にも影響を受けます。

暴行と正当防衛

暴行と正当防衛に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。暴行が自分の身を守るためのものである場合は少なくありません。正当防衛を主張できるのがどのような場面か確認しましょう。

暴行で警察から呼び出された場合

暴行で警察から呼び出された場合に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。暴行事件で警察沙汰になると、今後のことが不安かと思いますが、もう大丈夫です。

暴行で刑事事件になるのを防ぐには?

他人への暴行が刑事事件になるのを防ぎたいとお悩みで、暴行事件に強い弁護士に相談したい方へ。暴行事件は、そもそも警察沙汰しないのが、最も簡易で迅速な解決方法です。

暴行の治療費に健康保険は使えるのか?

暴行の治療費と健康保険に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。暴行の被害の治療で、病院から保険証は使えませんと言われることがあるようです。制度上はどうなのでしょうか?

暴行の結果的加重犯とは?

暴行の結果的加重犯に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。法律の専門用語で結果的加重犯というものがあります。暴行の場合、どのような意味があるのでしょうか?

暴行と告訴

暴行と告訴に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。暴行事件で告訴されることの実務的な意味や、告訴された場合の対応策について解説します。

暴行の構成要件は?

暴行の構成要件に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。構成要件とは、犯罪が成立するために必要となる条件のことをいいます。暴行の構成要件はどのようなものでしょうか?

暴行の故意とは?

暴行の故意に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。他人へ暴行をしてしまっても、暴行の故意がなければ暴行罪は成立せず、無罪となります。

暴行の拘留とは?

暴行罪の拘留に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。暴行罪の法定刑に拘留というものがありますが、どのような刑事罰なのでしょうか。

暴行と国選弁護人

暴行と国選弁護人に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。暴行事件でどのような場合に国選弁護人がつくのか、国選弁護人のメリット・デメリットを解説します。

暴行で骨折した場合の慰謝料は?

暴行で骨折した場合の慰謝料に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。暴行を加えて骨折させてしまった場合、暴行されて骨折した場合のいずれも、慰謝料の交渉が重要となります。

暴行と殺人の関係は?

暴行と殺人の関係について、暴行事件に強い弁護士に相談したい方へ。暴行で被害者が死亡してしまったら、どのような場合に殺人罪が成立するのでしょうか?

暴行で裁判沙汰にしたくない

暴行と裁判に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。暴行事件を起こしたが、裁判沙汰にはしたくないとお悩みの方、刑事専門の当事務所が全力でサポートさせていただきます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2015 - Takeshi Okano
アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)