痴漢に強い弁護士

暴行 神奈川県の弁護士ガイド

神奈川県で起こった暴行事件は、アトム弁護士事務所横浜支部で対応しています。

フリーダイヤルは24時間365日おかけいただけます。携帯電話からも通話可能です。匿名・非通知でも結構です。お一人で悩まず、弊所にお電話ください。

アトム弁護士事務所横浜支部
所属横浜弁護士会
住所神奈川県横浜市西区北幸1-11-5 相鉄KSビル8階
最寄り駅ブルーライン横浜駅(徒歩3分)
JR線、東急線、みなとみらい線、京急線、相鉄線の横浜駅(徒歩5分)
問い合わせ0120−631−276
横浜弁護士会
住所横浜市中区日本大通9番地
最寄り駅みなとみらい線日本大通り駅1番出口より徒歩約1分
横浜市営地下鉄関内駅1番出口より徒歩約10分
JR関内駅 南口より徒歩約10分
問い合わせ045−211−7707

神奈川県の暴行・傷害事件の犯罪情勢

神奈川県と全国の、令和元年度の暴行・傷害事件の犯罪情勢についての情報をまとめました。

以下の表のとおり、神奈川県の暴行・傷害の検挙率は全国平均と比べて、神奈川県の方が低い値となっています。また、神奈川県の暴行・傷害の検挙率は、いずれも7割を超えており、日本全国の刑法犯全体の検挙率が39.3%であるのと比べると、高い検挙率となっています。

刑法犯総数神奈川県全国
認知件数41780件748,559件
検挙件数17738件294,206件
検挙率42.4%39.3%
暴行神奈川県全国
認知件数1,354件30,276件
検挙件数1,082件25556件
検挙率79.9%84.4%
傷害神奈川県全国
認知件数1,211件21,188件
検挙件数981件17,987件
検挙率81.0%84.9%

(警察庁 令和元年度統計

神奈川県の暴行事件の弁護士無料相談

ご家族が逮捕・勾留中の方は、弁護士の無料相談をお受けいただくことができます。神奈川県の暴行事件でお悩みの方は、下記フリーダイヤルまでお電話ください。

神奈川県の暴行事件の取り扱い

神奈川県の暴行事件は、本庁管轄内であれば、横浜地方検察庁に送致され、横浜地方裁判所で裁判を受けることになります。

横浜地方検察庁
住所横浜市中区日本大通9番地 横浜法務合同庁舎
最寄り駅地下鉄みなとみらい線「日本大通り駅」(2出口)から徒歩1分
JR根岸線「関内駅」(南口)から徒歩10分
横浜市営地下鉄「関内駅」(1出口)から徒歩10分
問い合わせ045−211−7600
横浜地方裁判所
住所神奈川県横浜市中区日本大通9
最寄り駅みなとみらい線日本大通り駅から徒歩1分
JR京浜東北線関内駅・横浜市営地下鉄線関内駅から徒歩約10分
問い合わせ045−201−9631

神奈川県の暴行事件の裁判例

事件名傷害被告事件
裁判所横浜地方裁判所横須賀支部
事件番号平成22年(わ)第281号
主文被告人は無罪
暴行の事実(意図的な暴行ではなく事故と認定)
被告人は、夕方の公園内で被害者に頭突きする暴行を加え顔面に傷害を負わせたとして起訴されたが、頭部の衝突は被告人の意図的なものではなくお互いが意図しない事故であると認めるのが相当であり、ガン付けの類の行動も身体に対する有形力の行使とは言えないため暴行罪は成立せず

神奈川県の暴行事件に対応しています。

アトム弁護士事務所では、下記のような「神奈川県の暴行事件」に対応しています。

【相談例1】
通関士である父親が、昨日、暴行の疑いで、動機を形成する事情があるとして、神奈川県警察に逮捕されました。暴行事件で逮捕・勾留された場合、職場に知られて、通関士の資格は停止になってしまうのでしょうか。また、逮捕の意味や、留置場からの釈放に関して、弁護士先生に教えてほしいです。

【相談例2】
臭気判定士である愚息が、先日、知らない男性を蹴ったトラブルで、帽子に犯罪の顕著な証跡があるとして、神奈川県警察に準現行犯逮捕されました。逮捕と手錠される可能性についてや、留置場での子供との面会に関して、弁護士さんに相談したいです。また、暴行事件で逮捕・勾留決定された場合、職場に知られて、臭気判定士の資格を剥奪されてしまうのでしょうか。

【相談例3】
学校職員である弟が、一昨日、暴行の疑いをかけられて、通常逮捕状の請求がなされたとして、神奈川県警察に逮捕されました。逮捕と追起訴の可能性についてや、留置場での面会に関して、弁護士先生に相談したいです。また、暴行事件で逮捕・勾留された場合、職場にバレて、学校職員の仕事を失ってしまうのでしょうか。

【相談例4】
経済・金融の資格を持つ亭主が、先週、公務執行妨害罪の暴行の疑いで、逮捕状による逮捕の要件を満たしたとして、神奈川県警察に逮捕されました。公務執行暴行事件で逮捕された場合、職場に知られて、経済・金融の資格を剥奪されてしまうのでしょうか。また、逮捕とその後の取り調べ時間についてや、留置場の弁当に関して、弁護士先生に聞きたいです。

【相談例5】
ビジネス実務士である弟が、先週、婦女暴行の容疑で、犯罪の実行行為と場所的接着性があるとして、神奈川県警察に準現行犯逮捕されました。婦女暴行事件で逮捕された場合、職場に知られて、ビジネス実務士の資格を剥奪されてしまうのでしょうか。また、弁護士との接見を写真撮影できるかという点や、留置場内の自己財産に関して、弁護士さんに相談したいです。


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける