逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 暴行 東京都の弁護士ガイド

暴行 東京都の弁護士ガイド

東京都で起きた暴行事件の対応は、アトム弁護士事務所東京支部にお任せください。

フリーダイヤルは24時間365日おかけいただけます。携帯電話からも通話可能です。匿名・非通知でも結構です。お一人で悩まず、弊所にお電話ください。

アトム弁護士事務所新宿支部
所属 第二東京弁護士会
住所 東京都新宿区西新宿1-13-8
朝日新宿ビル8階
最寄り駅 JR線、小田急線、京王線、丸ノ内線の新宿駅(徒歩3分)
都営新宿線、都営大江戸線、京王新線の新宿駅(徒歩2分)
問い合わせ 0120−631−276
第二東京弁護士会
住所 東京都千代田区霞が関1−1−3
弁護士会館
最寄り駅 丸ノ内線、日比谷線、千代田線「霞ヶ関駅」B1−b出口より直通、A1出口より徒歩2分、C1出口より徒歩3分
有楽町線「桜田門駅」5番出口より徒歩8分
都営三田線「日比谷駅」日比谷公園を通り徒歩8分
JR「有楽町駅」日比谷口よりお堀沿い徒歩10分
問い合わせ 03−3581−2255

東京都の暴行・傷害事件の犯罪情勢

東京都と全国の、平成25年度の暴行・傷害事件の犯罪情勢についての情報をまとめました。

以下の表のとおり、東京都の暴行・傷害の検挙率は全国平均と比べて、東京都の方が低い値となっています。また、東京都の暴行・傷害の検挙率は、いずれも6割を超えており、日本全国の刑法犯全体の検挙率が29.8%であるのと比べると、高い検挙率となっています。

東京都 全国
刑法犯総数 認知件数 162557件 1320678件
検挙件数 44758件 394123件
検挙率 27.5% 29.8%
暴行 認知件数 4576件 31597件
検挙件数 2915件 22837件
検挙率 63.7% 72.3%
傷害 認知件数 3148件 27908件
検挙件数 2182件 20667件
検挙率 69.3% 74.1%

東京都の暴行事件の弁護士無料相談

ご家族が逮捕・勾留中の方は、弁護士の無料相談をお受けいただくことができます。東京都の暴行事件でお悩みの方は、下記フリーダイヤルまでお電話ください。

無料相談あり。24時間365日営業
フリーダイヤル0120-631-276無料フォームで問い合わせる

東京都の暴行事件の取り扱い

東京都の暴行事件は、本庁管轄内であれば、東京地方検察庁に送致され、東京地方裁判所で裁判を受けることになります。

東京地方検察庁
住所 千代田区霞ヶ関1−1−1
中央合同庁舎第6号館 A棟・B棟
最寄り駅 東京メトロ有楽町線「桜田門駅」(5番出口)から徒歩2分
東京メトロ丸ノ内線・日比谷線・千代田線「霞ケ関駅」(B1a出口)から徒歩3分
東京メトロ日比谷線・千代田線・都営三田線「日比谷駅」(A10出口)から徒歩5分
JR山手線・京浜東北線「有楽町駅」から徒歩8分
問い合わせ 03−3592−5611
東京地方裁判所
住所 東京都千代田区霞が関1−1−4
最寄り駅 地下鉄東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」A1出口から徒歩1分
地下鉄東京メトロ有楽町線「桜田門駅」5番出口から徒歩3分
問い合わせ 03−3581−5411

東京都の暴行事件の裁判例

事件名 暴行被告事件
裁判所 東京地方裁判所
事件番号 平成19年(刑わ)1561号
主文 被告人を懲役4月に処する
暴行の事実 被告人は、平成19年4月27日午後1時ころ、東京都内のX大学キャンパス内の路上において、同大学職員に対し、その右側頭部に1回頭突きをする暴行を加えた
事件名 公務執行妨害、暴行被告事件
裁判所 東京地方裁判所
事件番号 平成6年(刑わ)2054号
主文 被告人を懲役1年に処するこの裁判確定の日から3年間右刑の執行を猶予する
暴行の事実 (公務執行妨害罪に当たる暴行)
被告人が、被告人の所得税調査のため金融機関に臨場していた国税調査官に対し、ワイシャツの襟元及びネクタイをわし掴みにして首を締め付けるなどの暴行を加えた
暴行の事実 (暴行罪に当たる暴行)
被告人の所得税調査のため金融機関に臨場していた国税調査官に対する暴行を制止した者に憤激し、その者のネクタイを掴んで引っ張った
事件名 暴行事件
裁判所 東京高等裁判所
事件番号 昭和52年(う)951号
主文 被告人は無罪
暴行の事実 (正当防衛に当たる)
警察官が被告人に職務質問を続行するため、その左手を押え、更に交通の妨害にならないように左腕をかかえて交差点近くの道路上から道端まで誘導した際、「こういうことまでする必要はないでしよう」と抗議されたのに興奮し、被告人の襟首を掴んで暴行行為に出たため、被告人もこれを振払うためとっさに左手で同警察官の胸元を掴んで4、5回ゆすぶった

東京都の暴行事件に対応しています。

アトム弁護士事務所は、下記のような「東京都の暴行事件」に対応しています。

【相談例1】
インテリアの資格を持つ旦那が、先週、暴行の疑いで、身体に犯罪の顕著な証跡があるとして、東京都の警察に準現行犯逮捕されました。暴行事件で逮捕された場合、職場にバレて、インテリアの資格を剥奪されてしまうのでしょうか。また、逮捕と拘留の相違点についてや、留置場の夕食内容について、弁護士先生に教えてほしいです。
【相談例2】
先週、社会福祉士である父親が、婦女暴行罪の疑いをかけられて、犯罪の実行行為と場所的接着性があるとして、東京都の警察に準現行犯逮捕されました。婦女暴行事件で逮捕・勾留された場合、職場に知られて、社会福祉士の資格を剥奪されてしまうのでしょうか。また、逮捕とその後の生活や、留置場内の雑居について、弁護士先生に聞きたいです。
【相談例3】
一昨日、機械系の資格を持つ父親が、暴行の疑いで、相当の捜査を尽くす必要があるとして、東京都の警察に逮捕されました。暴行事件で逮捕・勾留決定された場合、職場にバレて、機械系の資格を剥奪されてしまうのでしょうか。また、逮捕された場合の精神病の治療についてや、留置場内でのタバコについて、弁護士に聞きたいです。
【相談例4】
一昨日、ロボット設計技術者である愚息が、公務執行暴行罪のトラブルで、正当な理由のない不出頭が繰り返されたとして、東京都の警察に逮捕されました。逮捕されて怖い思いをした場合の対応についてや、留置場の独居に関して、弁護士先生に聞きたいです。また、公務執行暴行事件で逮捕された場合、職場に知られて、ロボット設計技術者の資格は停止になりますか?
【相談例5】
一昨日、税理士である亭主が、面識のない女性を突き飛ばした容疑で、目撃者の供述があるとして、東京都の警察に逮捕されました。弁護士と接見する時に押さえるポイントや、留置場と拘置所に関して知りたいです。また、暴行事件で逮捕・勾留決定された場合、職場に知られて、税理士の資格を剥奪されてしまうのでしょうか。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2015 Takeshi Okano Last Updated May 2017