逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 暴行 逮捕されたくない

暴行 逮捕されたくない

暴行事件の逮捕に関して、

  • 仕事や学校に行けないのでは…
  • 知人やご近所に噂されるのでは…

とお悩みの方へ。もう大丈夫です。

暴行事件を起こしてしまったとしても、弁護士を付けて、早期に被害者と示談をする等の弁護活動によって、逮捕されない可能性を高めることができます。

逮捕されないためには、どうしたらいいですか?

暴行事件を起こした場合、被害届の提出が逮捕のきっかけとなる場合が多くあります。

したがって、被害者が被害届を提出する前に弁護人を依頼することが、逮捕されないために重要となってきます。弁護人は、被害者と交渉して被害届の提出を回避し、示談成立へ向けての交渉をします。示談が成立すれば、暴行事件を起こしても逮捕されません。

但し、被害届が提出されても、すぐに逮捕されるとは限りません。そこで、被害届提出後であっても、なるべく早い段階で弁護人を依頼することが重要です。弁護人は、被害者と交渉し示談成立を目指すとともに、警察には逮捕の必要がないことを申し入れます。このような弁護活動により、逮捕されない可能性が高まります。

逮捕されないために
示談成立前 示談成立後
被害届提出前 示談成立による被害届提出回避を目指す 被害届提出を回避し逮捕されない
被害届提出後 示談成立を目指すとともに警察へ逮捕の必要がないことを申し入れる 警察へ逮捕の必要がないことの申し入れをすれば逮捕されない可能性が高まる

逮捕されないために重要なことはなんですか?

暴行事件を起こしてしまったとしても、逃亡のおそれがない、証拠隠滅のおそれがないと判断されれば、逮捕はされません。

弁護人は、暴行事件を認めていること、反省していることなどを警察に説明し、身元保証人を用意するなど、迅速に弁護活動を行います。そのような活動により、逃亡のおそれ、証拠隠滅のおそれがないことを示すことができますので、逮捕されない可能性が高まります。

ご本人だけで警察へ対応するよりも、弁護士の助言を得つつ適切に対応することによって、逮捕されない可能性が高まるのです。

逮捕されずに捜査がなされれば、会社・学校、知人・恋人、近所などに知られることなく、通常どおりに生活することができます。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。