逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 暴行罪の時効は?

暴行罪の時効は?

刑事上の時効(公訴時効)とは、犯罪が終わった時から一定の期間が経過することによって公訴の提起(=起訴)ができなくなる制度をいいます。ここでは暴行罪の時効について説明します。

公訴時効とは?

公訴時効とは、一定の期間経過によって公訴の提起ができなくなることをいいます。

公訴時効が成立すると、検察官は、もはや起訴することはできず、不起訴処分にしなければなりません。裁判所も判決で免訴の言渡しをしなければなりません(刑訴法337条4号)。時間の経過により証拠が散逸してしまうため、裁判によって誤った判断がなされるのを防止する観点等から、このような公訴時効の制度が設けられているのです。

刑の時効とは?

公訴時効と似た言葉で「刑の時効」という制度があります。「刑の時効」とは、刑法31条に定められており、確定した刑の執行権を消滅させることをいいます。

一方、前章の公訴時効は、判決が確定する前に国の訴追権を消滅させる制度をいいます。

暴行罪の公訴時効は何年?

暴行罪は、「2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料」に処される犯罪です(刑法208条)。公訴時効は、3年になります(刑事訴訟法250条2項6号)。

例えば、平成27年4月1日午後7時に、AがBを殴る暴行事件が発生した場合、平成30年3月31日24時に公訴時効が完成します。

暴行を手段とする他の犯罪の時効は以下の通りです。

罪名 時効
暴行罪 3年
傷害罪 10年
強盗罪 10年
恐喝罪 7年
強姦罪 10年
公務執行妨害罪 3年

公訴時効の停止

公訴時効の進行は、起訴があった時に停止します(刑訴法254条1項)。逮捕されただけでは、公訴時効は停止しません。

また、犯人が国外にいる場合や、犯人が逃げ隠れしているため有効に起訴状の謄本送達や略式命令の告知ができなかった場合にも停止します(255条1項)。

判例によると、犯人が国外にいる場合は、一時的な海外渡航による場合であっても、255条1項によって公訴時効が停止します。

公訴時効は、民事上の時効とは異なり、中断がありません。つまり、公訴時効の停止により、時効の進行がストップした場合でも、リセットされず、ストップした時点から時効の進行が再開されます。

民事上の時効は?

暴行事件では、被害者は加害者に対して、刑事処分を求める他に、直接加害者に対して、損害賠償請求することが可能です。この場合、民法の不法行為に基づいて、損害賠償請求を求めることになります。

損害賠償請求は、被害者が、損害及び加害者を知った時から3年で民事上の時効にかかります。また、加害者及び損害を知らない場合でも、暴行事件から20年経過した時に時効にかかります(民法724条)。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。