逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 暴行事件の示談金の相場は?

暴行事件の示談金の相場は?

示談金の一般的な相場というものはありません。ただし、被害者の方と示談が成立した場合、不起訴になって前科が付かなくなることが多いです。したがって、暴行事件では、示談交渉に向けた早期の弁護活動が重要となります。

示談金の対象は、どのような被害(損害)に対してですか?

暴行の示談金の対象は、暴力行為を受けたことによる精神的苦痛となります。

精神的苦痛と言うと、多少、分かりにくいかもしれません。たとえば、胸ぐらをつかまれて振り回された場合では、痛みもありますし、恐怖もあります。また、屈辱を味わうこともあります。このような精神的苦痛(慰謝料)が、示談金の対象となります。

なお、つばを被害者の服に吐くなどの暴行であれば、服のクリーニング代なども示談金の対象となります。

どのくらいの示談金を支払えば良いのですか?

どのくらいの示談金を支払えば良いかは、暴行の程度や経緯などによります。また、示談で解決しようとするのであれば、被害者の意向も大きなウェイトを持ちます。

暴行は、傷害を発生させないような程度の暴力行為です。そのため、治療費や痛み等の精神的苦痛が少なく、示談金としては、0円から20万円前後となるケースが多いです。

暴行罪では、通常、傷害が発生しませんので、治療費等がかかるケースは少ないです。

また、被害者が受けた精神的苦痛も、加害者が誠実に謝罪することで、かなり緩和されることが多くあります。そのため、謝罪をすることが重要です。謝罪だけで示談が済み、金銭の賠償は不要となった事件も多くあります。

どのような事情があれば、示談金は高くなりますか?

一口に暴行と言っても、経緯も程度も異なりますので、その経緯、程度によって示談金は高くなります。

たとえば、被害者に対する「いじめ」が日常茶飯事に行われている状況で、暴行が行われたような場合には、これまでの「いじめ」分も加算する形で、示談金は高くなる傾向があります。

また、被害者の子どもが見ている前での暴行や、侮辱を加えた経緯等があれば、示談金は高くなる傾向があります。

さらに、傷害を負わす程度にまではならなかったものの、殴る、蹴る、髪を引っ張るなどの暴行の態様が執拗であった場合などでは、示談金は高くなる傾向があります。

他方、たとえば、被害者に落ち度がある場合、たとえば、被害者による挑発行為があったケースなどでは、暴行の示談金は低くなる傾向があります。

示談金が高くなる 示談金が低くなる
暴行が
・日常的に繰り返される
・被害者の子どもや家族の前で行われる
・執拗に行われる
謝罪により被害者の精神的苦痛が緩和される。
被害者に落ち度がある。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2015 - Takeshi Okano
アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)