痴漢に強い弁護士

愛知・名古屋の暴行事件に強い弁護士

「名古屋で暴行事件を起こしてしまった!」
「暴行について愛知県の警察署で取り調べを受けている!」

愛知県はなどで数多くのトラブルが発生しています。

この点、暴行犯罪も数多く発生しており、事件を起こしてしまいお悩みになっている方も多いです。

この記事では東京での暴行犯罪でお困りの方に向けて、弁護士への相談窓口のご紹介と対処法を解説します。

暴行の刑事事件の流れ

逮捕・勾留

暴行とは、殴る蹴る等の有形力を行使して相手がケガをしなかった場合に問われる罪です。相手方がケガをした場合には傷害罪としてより重い罪に問われることになります。

実務上多いのは、喧嘩トラブルが高じて警察沙汰になるケースです。
暴行罪は直接手を出した場合の他にも、唾を吐きかける、水をかける等の行為も該当し得ます。
相手方にそういった攻撃を加えたあと、被害者や目撃者によって通報されて駆けつけた警察に現場で取り押えられ、警察署に連行されるのがよくある流れです。

警察署に連行された後は、逮捕・勾留されるかどうかによりその後の流れが大きく変わります。

逮捕・勾留される場合、警察署に連行されてから最大で23日間、警察署内の留置場に拘束されます。
平日昼間に取調室に呼び出され事情聴取などが行われ、それ以外の時間は留置場内で過ごすことになります。

逮捕されない、もしくは逮捕後すぐに釈放された場合では、在宅事件として事件が進みます。
在宅事件では通常の日常生活を送りながら、適宜、警察署に呼び出されて取調べを受けることになります。

起訴・不起訴

逮捕・勾留された場合には原則として逮捕後23日以内に、在宅事件の場合には必要な捜査が終了したあとに、検察官によって起訴・不起訴の判断が行われることになります。

起訴というのは、裁判の開廷を提起する手続きのことです。裁判所において審理が行われ、統計上99.9%以上の割合で有罪判決が下されることになります。

不起訴処分は裁判を開廷せず事件を終了させる手続きです。刑事処分が下されることはなく、前科が付くこともありません。

暴行について弁護士に依頼するメリット

逮捕・勾留を回避して身体拘束されずに済む可能性が高まる

逮捕・勾留は『逃亡のおそれ』『証拠隠滅のおそれ』が認められるときに行われます。

暴行では、例えば犯行当時現場から逃げようとした場合などで逃亡のおそれが認められる可能性があります。
また被害者と顔見知りの場合、後に脅迫などをして証言をしないよう強要するおそれなどが懸念され、証拠隠滅の阻止の観点から逮捕されるおそれもあります。

弁護士に依頼すれば、逮捕・勾留を阻止して身体拘束を回避できる可能性が高まります。

まず弁護士に依頼したという事実自体が「今後も誠実に刑事手続きに協力する」ということを示す証拠になります。

さらに弁護士は、『逃亡のおそれ』『証拠隠滅のおそれ』がないことを意見書にまとめ、捜査機関に提出することができます。
弁護士という第三者による意見書なので、捜査機関に対しても一定の効力が期待できます。

不起訴処分獲得によって前科を付けずに済む可能性が高まる

一度検挙されたらほぼ有罪が確定すると思っている方は多いですが、実務上そんなことはありません。

実は不起訴処分によって裁判が開廷されずに終了となる事件はかなり多く、統計上、刑法犯の6割程度は不起訴となっています。

暴行罪で検挙されてしまった場合であっても、弁護士への依頼によって不起訴処分獲得の可能性を大いに高めることができます。

弁護士は被害者の方と示談交渉を行うことができます。示談というのは、被害者に一定の賠償金を支払い民事上の賠償責任を話し合いで解決する手続きです。

示談が締結されれば、初犯の暴行罪ではかなりの確率で不起訴処分の獲得が期待できます。
しかし警察は原則として、加害者本人に被害者の連絡先を教えることはありません。

弁護士に依頼し弁護士が加害者本人に連絡先を教えないということを確約した上でなら、連絡先を入手することができます。

アトム法律事務所の暴行事件の実績

飲食店での暴行の事案

先生との相性も良く、ご尽力のおかげで無事不起訴になりました。

このたびは、無事不起訴になり、ありがとうございました。成瀬先生と被疑者との相性も良く、何かと多忙な私からの無理なお願いも受けて頂き、感謝しております。今回は、ご尽力ありがとうございました。

事件の概要

飲食店において支払いをせず退店し、追いかけてきた店員の胸を叩いたり足を蹴るなどしたケース。依頼者の方は暴行として検挙され、逮捕されていました。

弁護活動の概要

準抗告(裁判官の決定に対する不服申し立て)を行った結果、勾留が取り消され早期釈放を実現しました。被害者に謝罪と賠償を尽くして示談を締結し不起訴処分を獲得しました。

学校での暴行の事案

何も出来ない状況で、最善最良の対応をして頂きました。

この度は大変お世話になりました。被害者様の被害感情が強く、謝罪、弁業、示談等何もできない状況で、最善、最良の対応をして頂きました。中村弘人弁護士さんには感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。正直執行猶予付きの就職活動はとても厳しい状況ですが、家族との生活や時間を大切にしながら、前向きにやっていこうと思います。

事件の概要

教師として勤務する学校で、被害者児童の頭部を殴る等の暴行を加えたとされるケース。暴行として検挙されのちに暴力行為等処罰に関する法律違反に罪名変更された事案です。

弁護活動の概要

被害者との関係性の問題などから示談は不成立であったものの、裁判の場で依頼者が退職していること等を主張。情状弁護を尽くし執行猶予付き判決を獲得しました。

アトム法律事務所名古屋支部へのアクセス

アトム法律事務所名古屋支部は中村区名駅にあります。

名古屋駅より徒歩6分のアクセスしやすい立地で、お気軽にご利用いただけます。

盗撮事件をはじめ、刑事事件は時間との勝負という側面があります。
相談が早ければ早いほど、弁護士としても対応に時間を割くことができるため、逮捕・勾留の阻止や不起訴処分獲得の可能性を高めることができます。

アトム法律事務所は24時間365日、電話での相談予約を受け付けています。まずはお電話からお気軽にご相談ください。

ご相談先

無料相談予約をご希望される方はこちら

24時間365日!全国対応!
0120-631-276
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

アクセス

愛知県名古屋市中村区名駅4-13-7 西柳パークビル3階町1-63 栗橋ビル7階


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける