痴漢に強い弁護士

暴行 名古屋市の弁護士ガイド

名古屋市で起こった暴行事件は、アトム弁護士事務所名古屋支部で対応しています。

フリーダイヤルは24時間365日おかけいただけます。携帯電話からも通話可能です。匿名・非通知でも結構です。お一人で悩まず、弊所にお電話ください。

アトム弁護士事務所名古屋支部

所属愛知県弁護士会
住所名古屋市中村区名駅4−13−7
西柳パ−クビル3階
最寄り駅JR名古屋駅(徒歩6分)
名鉄名古屋駅(徒歩4分)
近鉄名古屋駅(徒歩3分)
問い合わせ0120−631−276

愛知県弁護士会

住所名古屋市中区三の丸1−4−2
最寄り駅地下鉄「丸の内」駅1番出口より徒歩5分
地下鉄「市役所」駅6番出口より徒歩7分
問い合わせ052−203−1651

名古屋市の暴行・傷害事件の犯罪情勢

名古屋市と全国の、平成24年度の暴行・傷害事件の犯罪情勢についての情報をまとめました。

以下の表のとおり、名古屋市の暴行・傷害の検挙率は全国平均と比べて、名古屋市の方が低い値となっています。また、名古屋市の暴行・傷害の検挙率は、いずれも6割を超えており、日本全国の刑法犯全体の検挙率が31.7%であるのと比べると、高い検挙率となっています。

 名古屋市全国
刑法犯総数認知件数42475件1382121件
検挙件数13978件437612件
検挙率32.9%31.7%
暴行認知件数747件31802件
検挙件数481件23317件
検挙率64.4%73.3%
傷害認知件数621件27962件
検挙件数392件20833件
検挙率63.1%74.5%

名古屋市の暴行事件の弁護士無料相談

ご家族が逮捕・勾留中の方は、弁護士の無料相談をお受けいただくことができます。名古屋の暴行事件でお悩みの方は、下記フリーダイヤルまでお電話ください。

無料相談あり。24時間365日営業
フリーダイヤル0120-631-276
無料フォームで問い合わせる
お悩みになる前にまずご連絡ください
フリーダイヤル0120-631-276

名古屋市の暴行事件の取り扱い

名古屋市の暴行事件は、通常、名古屋地方検察庁に送致され、名古屋地方裁判所で裁判を受けることになります。

名古屋地方検察庁

住所愛知県名古屋市中区三の丸4−3−1
最寄り駅名古屋市営地下鉄名城線「市役所」駅1番出口から徒歩約5分
名鉄瀬戸線「東大手」駅から徒歩約5分
問い合わせ052−951−1481

名古屋地方裁判所

住所愛知県名古屋市中区三の丸1−4−1
最寄り駅地下鉄「市役所」駅から徒歩10分
問い合わせ052−263−1611

名古屋の刑事施設

名古屋の刑事施設の情報です。名古屋刑務所は、名古屋市ではなく、名古屋市に近い、みよし市にあります。

名古屋刑務所

住所愛知県みよし市ひばりヶ丘1-1
最寄り駅名鉄豊田線三好ヶ丘駅から約1250m
問い合わせ0561-36-2251
面会受付時間午前  8:30~11:30
午後 12:30~16:00

名古屋拘置所

住所愛知県名古屋市東区白壁1-1
最寄り駅地下鉄名城線市役所駅から約500m
名鉄瀬戸線の東大手駅から約260m
問い合わせ052-951-8586
面会受付時間午前  8:30~11:15
午後 12:45~16:00

名古屋市の暴行事件の裁判例

事件名道路交通法違反、公務執行妨害事件
裁判所名古屋高等裁判所
事件番号昭和49年(う)第281号
主文被告人は有罪(破棄自判)
暴行の事実酒酔い運転の被疑者として警察署で取り調べを受けていた被告人は、呼気検査を拒否して退去しようとした際、被告人の左手首を掴んだA巡査と揉み合いの末、A巡査の顔面を殴打する等の暴行を加え公務執行妨害で逮捕された。
1審の地裁は道路交通法違反については有罪、公務執行妨害については無罪としたが、控訴審の名古屋高裁はA巡査の行為は客観的に相当であるとして原判決を破棄し、公務執行妨害についても有罪とした

名古屋市の暴行事件に対応しています。

アトム弁護士事務所では、下記のような「名古屋市の暴行事件」に対応しています。

【相談例1】
手話通訳士である旦那が、昨日、公務執行妨害の暴行の嫌疑で、犯罪の実行の着手があったとして、名古屋市の警察に現行犯逮捕されました。公務執行暴行事件で逮捕・勾留決定された場合、職場に知られて、手話通訳士の資格は剥奪されますか?また、逮捕と会社を懲戒解雇になる可能性や、留置場での待遇に関して、弁護士さんに教えてほしいです。

【相談例2】
管理栄養士である弟が、先日、面識のない女性を突き飛ばしたトラブルで、指定司法警察員から逮捕状の請求があったとして、名古屋市の警察に逮捕されました。暴行事件で逮捕・勾留決定された場合、職場に知られて、管理栄養士の資格は停止になってしまうのでしょうか。また、逮捕と逮捕事実の通知についてや、留置場が満員になった場合について、弁護士先生に教えてほしいです。

【相談例3】
技術職である亭主が、先日、面識のない女性を突き飛ばした疑いで、罪を行い終つてから間がないと明らかに認められるとして、名古屋市の警察に準現行犯逮捕されました。逮捕と任意同行の違いや、留置場を出る際の保釈金の有無について、弁護士に聞きたいです。また、暴行事件で逮捕・勾留決定された場合、職場にバレて、技術職の仕事を失ってしまうのでしょうか。

【相談例4】
昨日、商業施設士である兄が、婦女暴行の疑いをかけられて、逮捕状が発せられているとして、名古屋市の警察に逮捕されました。逮捕と留置期間についてや、留置場へ差し入れされて嬉しい物に関して、弁護士に教えてほしいです。また、婦女暴行事件で逮捕された場合、職場にバレて、商業施設士の資格は剥奪されますか?

【相談例5】
検察事務官である父が、先週、公務執行妨害罪の暴行の嫌疑で、現行犯逮捕の手続きを経たとして、名古屋市の警察に逮捕されました。公務執行暴行事件で逮捕・勾留された場合、職場に知られて、検察事務官の資格は停止になってしまうのでしょうか。また、逮捕された場合の就職歴への影響についてや、留置場でおきた罰金事件について、弁護士に教えてほしいです。


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談