逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 暴行事件の弁護士費用は?

暴行事件の弁護士費用は?

暴行事件の弁護士費用に関して、

  • 示談の弁護士費用は…
  • 示談金と弁護士費用の関係は…
  • 加害者側の弁護士費用は…

とお悩みの方へ。もう大丈夫です。

このページでは、暴行事件の弁護士費用の内容について知ることができます。

報酬ですが、暴行事件の示談で弁護士に依頼すると、どのようなことをしてくれますか?

弁護士報酬の話の前に、その対価となる弁護士のサービスを説明します。弁護士の仕事ですが、暴行事件の示談交渉、示談書の作成等になります。

示談交渉においては、依頼者様から、暴行の状況、経緯、程度等の詳細をヒアリングし、事件現場、証拠等の調査も行います。

ヒアリングにおいては、法律的に必要となる事項をお聞きするのはもちろんですが、弁護士の経験等に基づき、依頼者様がお伝えしていない重要な事実や思い違いがないか等、正確な事実確定に尽力いたします。

また、民事裁判例の調査、類似事案の賠償金の幅などをもとに、示談金の算定を行ないます。

そして、以上のような事実関係、示談金の相場をもとにして、被害者と示談交渉し、示談を成立させることに尽力します。

また、示談が成立すれば、後日、問題とならないよう、証拠として示談の内容を残すため、示談書を作成します。さらに、警察が動くような案件では、警察、検察官との対応も行います。

暴行の示談では、おおむね、上記のような仕事になります。

示談の弁護士費用等の内訳はどのようなものですか?

示談の弁護士費用の内訳ですが、大きく、着手金成功報酬に分かれます。

着手金とは、主として、弁護士の行うサービスに対する対価となります。成功・不成功にかかわらず、前述のように、弁護士は調査、交渉等に時間、労力を用いますので、その仕事に対する対価として着手金を支払うことになります。

成功報酬とは、事件が終了した時に、成功の割合に応じて支払う報酬です。着手金とは別に支払うことになります。

成功報酬は、着手金の支払い時から期間が経っていると、忘れがちになります。しかし、成功報酬は、ケースによっては、着手金よりも大きな金額となりますので、ご注意してください。

成功報酬は、紛争解決の実態に即した報酬です。たとえば、損害賠償請求の事件であれば、賠償金を獲得すれば、弁護士に支払うお金に苦労しませんが、結果(賠償金の獲得)が出る前に支払うのには苦労することが多いです。

また、成功報酬は、弁護士が賠償金を実際に獲得したという仕事の成果への対価の意味合いもあります。さらには、成功報酬は、弁護士が事件の解決を成功させることへのモチベーションにもなります。

なお、正確には弁護士費用ではありませんが、実費があります。

たとえば、郵便切手、印紙代など、実際にかかる費用は依頼者様が負担しますが、逐一依頼者様に負担していただくと両方の手間になります。そのため、予め、実費予定分を預けていただくことがあります。

弁護士費用
名称 内容
着手金 調査・交渉等の時間・労力に対する対価
成功報酬 弁護の成功の割合に応じて払う報酬
(実費) (切手代・印紙代等の諸経費)
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2015 Takeshi Okano Last Updated May 2017