痴漢に強い弁護士

暴行罪とは?

ここでは、暴行罪の「暴行」に当たる具体例や刑の重さについて説明します。

「暴行」の意義とは?

「暴行」という行為は、刑法において各種犯罪成立のための構成要件要素とされています。ただし、各犯罪の保護法益や罪質によって、「暴行」の意義は異なってきます。「暴行」の意義は、一般的に以下の4つに分類され、「物理力の行使」という要素は共通しています。

分類意義該当する犯罪例
最広義の暴行人のみならず、物に対する物理力の行使を含む騒乱罪
広義の暴行人に向けられた物理力の行使公務執行妨害罪
恐喝罪
狭義の暴行人に対する物理力の行使暴行罪
傷害罪
最狭義の暴行人に対する、反抗を抑圧するに足りる物理力の行使強盗罪
強制性交等罪
強制わいせつ罪

暴行罪とはどのような犯罪ですか?

刑法208条

暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

前章で述べたとおり、暴行罪における「暴行」とは、「人に対する物理力の行使」をいいます。人を殴ったり、蹴ったり、押したり、投げ飛ばしたりする行為が典型例です。

暴行罪は、個人の身体を保護法益とするので、暴行を受けた被害者の人数だけ暴行罪が成立します。したがって、同一の機会にAとBの2人に暴行した場合には、AとBそれぞれに対して暴行罪が成立します。

暴行罪の具体例

上記典型例の他、裁判所が暴行罪の「暴行」と認めた行為として、以下のような例があります。

暴行罪の「暴行」は、人の身体に向けられたものであればよいので、人の身体に直接接触する必要はありません(例③、⑤、⑦)。例③のように、人に命中しない場合でも暴行罪の「暴行」に当たります。

また、音や光、電気等のエネルギーを利用する行為も「物理力の行使」に含まれます。(例⑥)

暴行を加えて、相手に傷害の結果が発生すれば、暴行罪ではなく傷害罪が成立します。判例は、「人の生理的機能に障害を加えた場合」に傷害の結果が発生したと認めています。例①のように、髪の毛を切断する行為等は、人の生理的機能に障害を加えたとは認められないため、傷害罪ではなく、暴行罪が成立します。

  • 服を掴んで引っ張る行為
  • 髪の毛を切断したり、剃ったりする行為
  • 驚かせる目的で、人の数歩手前を狙って石を投げる行為
  • 食塩を他人の顔や胸等に数回降りかける行為
  • 狭い室内で脅かすために日本刀を振り回す行為
  • 携帯用拡声器を用い耳元で大声を発する行為
  • 高速道路上で並進中の自動車に嫌がらせをするために「幅寄せ」をする行為

全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談