逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 暴行罪とは?

暴行罪とは?

ここでは、暴行罪の「暴行」に当たる具体例や刑の重さについて説明します。

「暴行」の意義とは?

「暴行」という行為は、刑法において各種犯罪成立のための構成要件要素とされています。ただし、各犯罪の保護法益や罪質によって、「暴行」の意義は異なってきます。「暴行」の意義は、一般的に以下の4つに分類され、「物理力の行使」という要素は共通しています。

分類 意義 該当する犯罪例
最広義の暴行 人のみならず、物に対する物理力の行使を含む 騒乱罪
広義の暴行 人に向けられた物理力の行使 公務執行妨害罪
恐喝罪
狭義の暴行 人に対する物理力の行使 暴行罪
傷害罪
最狭義の暴行 人に対する、反抗を抑圧するに足りる物理力の行使 強盗罪
強姦罪
強制わいせつ罪

暴行罪とはどのような犯罪ですか?

刑法208条

暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

前章で述べたとおり、暴行罪における「暴行」とは、「人に対する物理力の行使」をいいます。人を殴ったり、蹴ったり、押したり、投げ飛ばしたりする行為が典型例です。

暴行罪は、個人の身体を保護法益とするので、暴行を受けた被害者の人数だけ暴行罪が成立します。したがって、同一の機会にAとBの2人に暴行した場合には、AとBそれぞれに対して暴行罪が成立します。

暴行罪の具体例

上記典型例の他、裁判所が暴行罪の「暴行」と認めた行為として、以下のような例があります。

暴行罪の「暴行」は、人の身体に向けられたものであればよいので、人の身体に直接接触する必要はありません(例③、⑤、⑦)。例③のように、人に命中しない場合でも暴行罪の「暴行」に当たります。

また、音や光、電気等のエネルギーを利用する行為も「物理力の行使」に含まれます。(例⑥)

暴行を加えて、相手に傷害の結果が発生すれば、暴行罪ではなく傷害罪が成立します。判例は、「人の生理的機能に障害を加えた場合」に傷害の結果が発生したと認めています。例①のように、髪の毛を切断する行為等は、人の生理的機能に障害を加えたとは認められないため、傷害罪ではなく、暴行罪が成立します。

① 服を掴んで引っ張る行為

② 髪の毛を切断したり、剃ったりする行為

③ 驚かせる目的で、人の数歩手前を狙って石を投げる行為

④ 食塩を他人の顔や胸等に数回降りかける行為

⑤ 狭い室内で脅かすために日本刀を振り回す行為

⑥ 携帯用拡声器を用い耳元で大声を発する行為

⑦ 高速道路上で並進中の自動車に嫌がらせをするために「幅寄せ」をする行為

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。