逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • お客様の声

お客様の声

ここでは、刑事事件専門のアトム法律事務所の評判と実績をご紹介します。暴行事件の弁護のご依頼者様から寄せられた直筆のお手紙とアトムの弁護士の弁護活動の実績をご覧下さい。

刑事弁護の実績

アトムは日本で数少ない刑事事件を専門に扱う弁護士法人です。刑事専門なので、ご依頼者様のご要望を実現した刑事弁護の実績が豊かです。特に暴行事件には、数多く対応してきました。そのため、アトムに相談・弁護依頼をすると、確かな実績がある刑事弁護士からの経験に裏打ちされた充実したアドバイスと刑事弁護サービスを受けることができます

解決事例と実績

平成27年12月末日現在の記録で、表示は事件単位です。

傷害・暴行解決事例とご依頼者様のお手紙

暴行 お客様の声(東25‐038)
「様々な状況で難航した示談もまとめて頂き、普通の生活に戻れました。」
お手紙1(東25‐038)

自分は悪くない、でも法律上は暴行罪に該当。では相手は何故突き飛ばしておいて不問なのか?証拠もなければ私の主張を客観視できる目撃者もいない。

罰金を払いたくないのではなく、不合理な状況に対処法がわからない時にアトムさんを知りました。

担当の野尻先生は、冷静かつ傾聴の姿勢で接して下さり、コミュニケーションを大事にして下さいました。

様々な状況で難航した示談もまとめて頂き、普通の生活に戻れました。

おかれている状況を客観的に判断し、より良い状況に導いて頂いたと深く感謝しています。有難うございました。

事件の概要

事件化までの経緯

ご依頼者様(40代男性、会社員、前科なし)が電車から降りる際、後ろの乗客と口論になり、胸倉を掴んでしまい暴行の容疑がかけられた事件です。

弁護依頼までの経緯

ご依頼者様は逮捕されなかったため、ご相談にはご本人様がいらっしゃいました。海外出張を近くに控え、前科がついて渡航が制限されてしまうのではないか、会社に事件がバレてしまわないか、という点に不安を抱かれてました。

弁護活動

被害者の方は厳罰を望まれており示談しなければ罰金刑が科せられる(前科がついてしまう)おそれが有ったため、ご依頼者様と相談の上で、示談を成立させ不起訴を目指す弁護方針を立てることに。被害者の方との示談交渉は難航したものの、粘り強い交渉の末に示談成立に成功。

結果

示談成立により不起訴処分が成立し、事件は無事に解決、ご依頼者様は元の生活に戻られました。

暴行 お客様の声(東22‐287)
「事件が最小限の時間と労力で解決し感謝しています。」
お手紙2(東22‐287)

先日は大変ありがとうございました。以前お話ししたように今は仕事にも復帰し何不自由ない日常を過ごしています。

逮捕、勾留されたのは自分の不注意だと反省していますが、その事に対して最小限の時間と労力で解決したと思い感謝しております。

仕事や生活、精神的にも逮捕、勾留は以前とは全く同じとは言えませんが、おかげさまで問題ないぐらいに、リカバリすることができました。

これもアトム法律事務所のスタッフの皆様と弁護士松岳先生のおかげだと思っております、ありがとうございました。

事件の概要

事件化までの経緯

ご依頼者様(30代男性、会社員、前科不明)が自宅で同棲相手の女性の顔面を平手で殴打し腹を蹴る等の暴行を加えた容疑で逮捕された事件です。

弁護依頼までの経緯

被害者の方ご本人様から暴行を加えられ警察に通報したが逮捕は望んでいなかった、ご依頼者様に戻ってきて欲しいとの相談を受けました。

弁護活動

ご相談者様の意向を踏まえ、ご依頼者様の早期の身柄解放と不起訴処分を求める弁護方針を立てることに。

結果

無事にご依頼者様は釈放され、ご相談者様とご依頼者様の間で示談を締結することで事件自体は不起訴で終了しました。

暴行 お客様の声(福25‐006)
「福岡・名古屋・大阪の3支部の弁護士さん達に温かく支えてもらいました。」
お手紙3(福25‐006)

大変お世話になりました。

長い7カ月半でした。結果がいい方向になり安心しております。

福岡・名古屋・大阪と3カ所の弁護士様に支えて頂いて暖かく優しく分かりやすい様に丁寧に説明して頂き本当にありがとうございました。

本人もひと安心している様子です。これからも変わらず見守って行こうと思います。保護観察が終了しましたら一度御挨拶におうかがい致したく思います。

本当にありがとうございました。

事件の概要

事件化までの経緯

ご依頼者様(10代男性、当時高校生、前科なし)が宿泊先のホテルで女性に後ろから抱きつきひきずる等し、暴行の容疑がかけられた事件です。

弁護依頼までの経緯

ご依頼者様は警察で取り調べを受けていたので、ご相談にはお母様がいらっしゃいました。高校卒業と就職を近くに控えているため何とかそれまでに解決したいと希望されていました。

弁護活動

ご依頼者様が、卒業と就職を間近に控えているため在宅での早期解決を目指す弁護方針を立てることに。また就職による引越しのため事件が移送されるにあたり当法人でも支部間での連携・引継ぎを密に図ることに。

結果

家裁の審判で保護観察処分が決まり、ご依頼者様は無事に元の生活へ戻られました。

暴行 お客様の声(東24‐157)
「八方塞がりの状態で弁護士に即対応するとの回答を頂き安堵感に救われました。」
お手紙4(東24‐157)

今般は息子の刑事事件に際し元旦早朝より担当をされた野尻弁護士が解決に向け奔走され御尽力をいただき有難うございました。

おかげさまで地検より「不起訴処分告知書」が送付され、この件も終息したのだと改めて実感をいたしております。

思い起せば事件当夜から警察機構も正月の休日体制の中、家族に取りましても事件の詳細すら把握出来ず八方塞がりの状態でしたが、事務所を訪問し弁護士より即対応を図るとのご回答をいただいた時の安堵感は私に取りましてどれだけ救いの言葉であったことか・・・。

私も親として息子が世間に顔向け出来ない罪を犯したのあれば、その報いとして罪に服さねばならないと思っております。

しかし今回の件は双方が酒場でのトラブルが要因で(1対4)で相手側の告訴により一方的に加害者と認定され最悪の場合は前科が付くという事態だけは回避しなければと切に思っておりました。

示談の解決での相手側の交渉姿勢に時に打ち切りたいとの衝動も覚えましたが今回の高価な代償を貰ったことについてはこれも一つの社会勉強と試練と捉え気持ちを切り替えて今後は暮して行きたいと思っております。

事務所の諸先生方は新進気鋭の行動力のある方がお揃いであると思っております。現行の種々の矛盾点を解き証し明るく未来のある社会の構築される様期待しております。

事件の概要

事件化までの経緯

ご依頼者様(40代男性、会社員、前科なし)が居酒屋で他の客とトラブルになり、その相手と止めに入った同僚に暴行を加え、骨折等の傷害を負わせたという容疑で逮捕された事件。

弁護依頼までの経緯

ご依頼者様は勾留中のため、ご相談にはお父様がいらっしゃいました。時期が年末年始であったため家族の面会も認められず詳細な情報が得られないことをとても不安にお考えでした。

弁護活動

まずは早期に接見して詳細をご依頼者様本人に伺いご家族にも安心して頂きました。当初は酔っていて記憶がないとのことでしたが、後にご依頼者様自身が容疑を認めることに納得されたため示談を成立させ不起訴を目指す弁護方針を立てることに。

結果

被害者双方との示談が成立し不起訴処分獲得に成功しました。

暴行 お客様の声(99号事件)
「気が動転しそうな所、この先の手順等どんなことでも答えて頂き不安材料が減りました。」
お手紙5(99号事件)

この度は自分勝手な父の弁護をしていただきありがとうございました。

始めて貴事務所へ電話をした際、とても親切に対応して頂け、また、すぐに相談時間を取って下さったことに感謝しています。

親族の逮捕、勾留で気が動転しそうな所、勾留中の事、この先の手順等、どんなことでも答えて頂け不安材料が減ったように思います。

相手方がある犯罪でしたので、どうしても相手方のことを考えなくてはならないことが一番つらいことでしたが、これも貴重な体験としてとらえて行きたいと思っています。

先生、スタッフの方にも親切にして頂け感謝しておりますが一言だけ・・・

自分の生活環境を守りたいがため電話での連絡が難しくE-mailにて連絡させて頂くことが多かったのですが、お返事もE-mailで頂きたかったです。

一方的に送信していた気がしました。読んで頂けてるのは分かっていても「受けとりました」の一言、E-mailの返信があるとより安心です。

事件の概要

事件化までの経緯

ご依頼者様(70代男性、会社役員、前科なし)が銀行の駐車場で妻の顔面や頭部・腹部に暴行を加え傷害を負わせた容疑で逮捕された事件。

弁護依頼までの経緯

ご依頼者様は勾留中のため、ご相談にはご家族がいらっしゃいました。家族の逮捕にかなり動揺されているようなので現状の説明と今後の手順について説明し不安を解消するよう努めました。

弁護活動

暴行の程度や傷害の重さから不起訴処分獲得は難しいため、ご依頼者様と相談し早期の釈放と執行猶予を求めていく弁護方針を立てることに。

結果

ご依頼者様は保釈金300万円で釈放され、事件は執行猶予で終了しました。

暴行 お客様の声(福25-027)
「夢にも思わなかった事件。力添えがなければ、どうなっていたかわからない。」
お手紙6(福25-027)

この度は大変お世話になりました。

このような事件が身近に起こるなど、夢にも思わなかった事だけに、先生にお力添え頂かなければ、どのようになっていたかと思っております。

本当に有り難うございました。

事務所の方々にも大変お世話になりました。

皆様お忙しい中、くれぐれもお身体にはご自愛下さいませ。

事件の概要

事件化までの経緯

ご依頼者様(20代男性、大学生、前科なし)がカラオケボックス内で元交際相手に対して胸を突き飛ばし殴る等の暴行を加え、怪我を負わせたという容疑がかけられた事件です。

弁護依頼までの経緯

ご依頼者様とそのご両親がご相談にいらっしゃいました。すでに2回取調べを受けているが再度の事情聴取の前に相談したいとのこと。

弁護活動

詳しい事情を聞き取り、暴行の範囲内で罪を認める弁護方針を立てることに。謝罪文を提出するなどしてご依頼者様の言い分を丁寧に主張しました。

結果

弁護活動の結果ご依頼者様の言い分がしっかり反映され、当初の容疑をかけられた傷害罪ではなく量刑の軽い暴行罪になりました。また略式請求が認められ公判阻止に成功しました。

暴行 お客様の声(大24-055)
「いつでも依頼者側の立場になって温かく支えてくれました。」
お手紙7(大24-055)

この度は大変お世話になりました。

刑事事件で家族が加害者となり、どうすれば良いかわからず不安だった時にアトムさんを頼り、最善の刑事弁護活動を進めていただきありがとうございました。

いつでも依頼者側の立場になって温く支えていただき、感謝しております。

今後も最善の解決方法で、益々のご発展を願っております。そしてお礼の言葉として残させていただきます。

何度も何度も親切にご対応していただきまして、ありがとうございました。今日の私達がいるのは、アトム法律事務所様のおかげだと思っております。ありがとうございました。

事件の概要

事件化までの経緯

ご依頼者様(40代男性、会社員、前科なし)が
食堂街の男子トイレで被害者と掴み合いの喧嘩になり、両腕や首筋を掴む等の暴行を加え、怪我を負わせたという容疑がかけられた事件です。

弁護依頼までの経緯

ご依頼者様ご本人がご相談にいらっしゃいました。酒に酔って申し訳ないことをしてしまったので被害者への謝罪を行いたいとのことでした。

弁護活動

ご依頼者様が前科なし、武器使用せず、傷害の程度が軽め等の事情を加味して、示談を成立させて不起訴処分の獲得を目指す弁護方針を立てることに。

結果

弁護活動の結果、被害者側との示談が成立し、事件は無事に不起訴で終了しました。

暴行 お客様の声(大26-008)
「不明不当な事柄にも的確に対応してくれた。」
お手紙8(大26-008)

刑事事件について分からない点がたくさんあり、困っていましたが、不明・不当な事柄に対して素早く対応していただいて大変助かりました。

電話で何度も相談にのっていただいた点も助かりました。

事件の概要

事件化までの経緯

ご依頼者様(30代男性、研究員、前科なし)が
女性2人とカラオケに行き酔った状態でナンパしようとして揉めた末に女性の1人を投げ飛ばすとう暴行を加え、左肩打撲の傷害を負わせた容疑がかけられた事件です。

弁護依頼までの経緯

ご依頼者様は身柄拘束されていませんでしたがご相談にはお父様がいらっしゃいました。当時のご依頼者様は激しく酔っていたため記憶がほとんどないが、示談を締結して不起訴にして欲しいとのご意向でした。

弁護活動

ご依頼者様は当時の記憶がほとんどないのに、警察の取調べではさも覚えているかのように犯行再現写真を撮られてしまったとのこと。まずはご依頼者様の正しい記憶を書面にまとめ不利な証拠が作られていた状況を挽回すると共に、示談を締結し不起訴処分の獲得を目指す弁護方針を立てることに。

結果

弁護活動の結果、被害者側との示談が成立し、事件は無事に不起訴で終了しました。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。