逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 暴行 逮捕された家族と面会したい

暴行 逮捕された家族と面会したい

暴行事件でご家族が逮捕されている場合、

  • 留置所にいる家族と面会する方法は…
  • 留置所にいる家族へ差し入れるには…
  • 一般面会と弁護士面会の違いは…

とお悩みの方へ。もう大丈夫です。

暴行事件を起こしてしまったご家族が逮捕・勾留されて留置所にいる場合でも、弁護士ならば、一般面会と異なり、時間や回数、立会人の制限なく面会することができるため、適切な時期に検事や裁判官の質問にどう答えるかについてアドバイスできます

暴行事件での一般面会は、どのような形になりますか?

一般面会とは、弁護士以外の方が留置所等でご本人様と面会を行なうことを言います。

暴行事件では、逮捕・勾留されることは少ないですが、実際に逮捕・勾留されるケースに該当してしまったのであれば、当然ながら、対処する必要性があります。

ご家族との一般面会ですが、逮捕中(最長72時間の身柄拘束)は、ご本人様の権利として認められてはいません。ご家族様が、ご本人様と面会できるのは、通常、逮捕後の勾留手続がとられた後になります。

ただし、暴行事件では、逮捕後に勾留手続がとられることは少なく、逮捕後すぐに身柄が解放されることが多くあります。

勾留手続がとられた後ですが、接見禁止処分が付いている場合には面会することはできません。

勾留中に一般面会ができる場合の面会日時等ですが、面会できるのは平日だけであり、土日、祝日、年末年始は面会することはできません。

面会の時間帯も、概ね、午前9時ころから午後5時ころまでとなっています。また、面会できる時間は15分程度と短く、多くのことを会話することができません。

暴行事件での弁護士面会のメリットは?

弁護士面会のメリットですが、まず、逮捕中であっても弁護士であればご本人様と面会することができます。

暴行事件では、検察官への事件送致を回避し、微罪処分(警察官による厳重注意処分等で、前科は付きません)にとどめることが重要です。微罪処分になれば、この時点で前科をつけることを回避することができます。

微罪処分で終わらせるためには、弁護士が、逮捕中に、すぐにでもご本人様と面会して、弁護活動を実施することが重要になります。

また、弁護士は、逮捕・勾留中、通常、何時でも、又、何時間でも、立会人なしにご本人様と面会することが可能です。
そのため、取調べをする警察官、検察官への対応を柔軟に行うことが可能です。

暴行事件は比較的軽微な犯罪であり、検察官も、本人が反省していないなどの事情がない限り、初回で厳しい処分を行なうようなことは少ないです。

弁護士が、ご本人様と面会し、ご本人様と打合せすることで、検察官に対して、ご本人様が考えていることを適切に伝えることが可能となります。
これによって、ご本人様に厳しい処分がなされる確率をかなり下げることが可能となります。

面会における弁護士をつけるメリット
弁護士なし 弁護士あり
面会可能期間 家族の面会は勾留期間から 逮捕期間中から可能
面会可能日時 平日の日中15分程度 いつでも何時間でも可能
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2015 - Takeshi Okano
アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)