交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

アトム神戸法律事務所
逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ

アトム神戸法律事務所

所在地

〒651-0085
兵庫県神戸市中央区八幡通3-2-5 I.N東洋ビル209

アトム法律事務所 アトム法律事務所最寄り駅
アトム法律事務所

アクセス

公共交通機関をご利用の方

JR神戸線、阪急神戸線三宮駅、地下鉄西神・山手線三宮駅

JR三ノ宮駅の東口改札から、南側出口に進みます。南側出口に出たら、左手にアーケードに沿って進みます。アーケードが途切れるまで進み、スクランブル交差点が見えたら右手(ポートライナー沿い、南方向)に進みます。そのままポートライナーに沿って、南方向に500mほど進み(大きい道路をいくつか横断します)、青い「信金中央金庫」の看板が見えたら、右に曲がり、30mほど進むと到着します。右手の「IN東洋ビル」の2階です。

阪神本線

阪神神戸三宮駅のA24出口から地上に出て、右手(ポートライナー沿い、南方向)に進みます。そのままポートライナーに沿って、南方向に300mほど進み(大きい道路をいくつか横断します)、青い「信金中央金庫」の看板が見えたら、右に曲がり、30mほど進むと到着します。右手の「IN東洋ビル」の2階です。

地下鉄海岸線夢かもめ

地下鉄海岸線夢かもめ三宮・花時計前駅のD3出口から地上に出て、横断歩道を渡り、「スターバックス」の方向(南方向)に進みます。そのまま南方向に100mほど進むと、左手に「Joshin」があります。さらに100mほど進み、その先のT字路を左に曲がり、20mほど進むと到着します。左手の「IN東洋ビル」の2階です。

神戸新交通ポートアイランド線(ポートライナー)

ポートライナー貿易センター駅改札から右手の階段を降ります。北方向にポートライナーに沿って、200mほど進み(道路をいくつか横断します)、青い「信金中央金庫」の看板が見えたら、左に曲がり、30mほど進むと到着します。右手の「IN東洋ビル」の2階です。

お車でお越しの方

カーナビに「神戸市中央区八幡通3-2-5」と入力してお越しください。

ビル併設のコインパーキングをご利用いただけます。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2015 - Takeshi Okano
アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)