逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 暴行 さいたま市の弁護士ガイド

暴行 さいたま市の弁護士ガイド

さいたま市で起きた暴行事件の対応は、アトム弁護士事務所新宿支部にお任せください。

フリーダイヤルは24時間365日おかけいただけます。携帯電話からも通話可能です。匿名・非通知でも結構です。お一人で悩まず、弊所にお電話ください。

アトム弁護士事務所新宿支部
所属 第二東京弁護士会
住所 東京都新宿区西新宿1-13-8
朝日新宿ビル8階
最寄り駅 JR線、小田急線、京王線、丸ノ内線の新宿駅(徒歩3分)
都営新宿線、都営大江戸線、京王新線の新宿駅(徒歩2分)
問い合わせ 0120−631−276
※弊所では、埼玉大宮支部も開設準備中です。

また、埼玉弁護士会に問い合わせることで、さいたま市の弁護士について知ることができます。

埼玉弁護士会
住所 埼玉県さいたま市浦和区高砂4−7−20 
最寄り駅 JR浦和駅西口から徒歩16分
問い合わせ 048−863−525

埼玉県の暴行・傷害事件の犯罪情勢

さいたま市がある埼玉県と全国の、平成25年度の暴行・傷害事件の犯罪情勢についての情報をまとめました。

以下の表のとおり、埼玉県の暴行・傷害の検挙率は全国平均と比べて、埼玉県の方が高い値となっています。また、埼玉県の暴行・傷害の検挙率は、いずれも7割を超えており、日本全国の刑法犯全体の検挙率が29.8%であるのと比べると、高い検挙率となっています。

埼玉県 全国
刑法犯総数 認知件数 84154件 1320678件
検挙件数 23689件 394123件
検挙率 28.1% 29.8%
暴行 認知件数 4438件※ 31597件
検挙件数 3354件※ 22837件
検挙率 75.5%※ 72.3%
傷害 認知件数 4438件※ 27908件
検挙件数 3354件※ 20667件
検挙率 75.5%※ 74.1%
※は粗暴犯の数値です。

さいたま市の暴行・傷害事件の犯罪情勢

さいたま市と全国の、平成25年度の暴行・傷害事件の犯罪情勢についての情報をまとめました。

以下の表のとおり、さいたま市の暴行・傷害の検挙率は全国平均と比べて、非常に高い値となっています。また、さいたま市の暴行・傷害の検挙率は、いずれも7割を超えており、日本全国の刑法犯全体の検挙率が29.8%であるのと比べると、はるかに高い検挙率となっています。特に傷害事件の検挙率は、全国平均より約10%高い値となっています。

さいたま市 全国
刑法犯総数 認知件数 793件 1320678件
検挙件数 612件 394123件
検挙率 77.2% 29.8%
暴行 認知件数 434件 31597件
検挙件数 315件 22837件
検挙率 72.6% 72.3%
傷害 認知件数 301件 27908件
検挙件数 252件 20667件
検挙率 83.7% 74.1%

さいたま市の暴行事件の弁護士無料相談

ご家族が逮捕・勾留中の方は、弁護士の無料相談をお受けいただくことができます。さいたま市の暴行事件でお悩みの方は、下記フリーダイヤルまでお電話ください。

無料相談あり。24時間365日営業
フリーダイヤル0120-631-276無料フォームで問い合わせる

さいたま市の暴行事件の取り扱い

さいたま市の暴行事件は、通常、さいたま地方検察庁に送致され、さいたま地方裁判所で裁判を受けることになります。

さいたま地方検察庁
住所 さいたま市浦和区高砂3−16−58
さいたま法務総合庁舎
最寄り駅 JR京浜東北線・高崎線・東北本線(愛称宇都宮線)「浦和駅」(西口)から徒歩10分
JR埼京線「中浦和駅」(東口)から徒歩15分
問い合わせ 048−863−2221
さいたま地方裁判所
住所 埼玉県さいたま市浦和区高砂3−16−45
最寄り駅 JR京浜東北線・高崎線・宇都宮線浦和駅西口下車で徒歩約15分
JR埼京線中浦和駅下車で徒歩約15分
問い合わせ 048−863−4111

さいたま市の暴行事件の裁判例

事件名 保護責任者遺棄、暴行事件
裁判所 さいたま地方裁判所
事件番号 平成23年(わ)第1716号
主文 被告人を懲役3年6月に処する
暴行の事実 被告人は、実子に対し、十分な食事を与えないなどの必要な保育をせず、さらにその顔面等を殴ったり蹴ったりした暴行の事案
事件名 損害賠償請求事件
裁判所 さいたま地方裁判所
事件番号 平成12年(ワ)第1365号
主文 被告に、暴行に係る慰謝料の支払いを命じる
暴行の事実 市立小学校5年生であった原告が、小学校での給食配膳準備中に、原告の担任教諭であった被告から暴行を受け、傷害を負うとともに、心的外傷後ストレス障害を患った事案

さいたま市の暴行事件に対応しています。

アトム弁護士事務所では、下記のような「さいたま市の暴行事件」に対応しています。

【相談例1】
先週、映像・映画作りの資格を持つ父が、知人ではない人に頭突きをした疑いで、逮捕状の請求が却下されなかったとして、さいたま市の警察に逮捕されました。逮捕と裁判までの流れについてや、留置場での髪形に関して知りたいです。また、暴行事件で逮捕・勾留決定された場合、職場にバレて、映像・映画作りの資格は取り消されますか?
【相談例2】
一昨日、地方議員である愚息が、面識のない女性を突き飛ばした疑いをかけられて、犯人と他人を混合するおそれが全くないとして、さいたま市の警察に準現行犯逮捕されました。逮捕と押収の関係についてや、留置場内の治療に関して、弁護士に教えてほしいです。また、暴行事件で逮捕・勾留決定された場合、職場に連絡が行って、地方議員の仕事を失ってしまうのでしょうか。
【相談例3】
歯科医師である主人が、昨日、知人ではない人に頭突きをしたトラブルで、正当な理由がなく不出頭を繰り返したとして、さいたま市の警察に逮捕されました。暴行事件で逮捕・勾留された場合、職場に連絡が行って、歯科医師の資格を取り消されてしまうのでしょうか。また、逮捕の意味や、留置場の保護室について、弁護士に相談したいです。
【相談例4】
介護職員である息子が、昨日、公務執行妨害罪の暴行の嫌疑で、被疑者が姿をくらます可能性があるとして、さいたま市の警察に逮捕されました。公務執行暴行事件で逮捕・勾留された場合、職場に連絡が行って、介護職員の資格は停止になってしまうのでしょうか。また、弁護士と接見する時の通訳に関してや、留置場の郵便事情に関して、弁護士さんに教えてほしいです。
【相談例5】
一昨日、不動産鑑定士である息子が、公務執行妨害罪の暴行の容疑で、犯人として追跡されていたとして、さいたま市の警察に準現行犯逮捕されました。公務執行暴行事件で逮捕・勾留決定された場合、職場にバレて、不動産鑑定士の資格を剥奪されてしまうのでしょうか。また、逮捕を逃れる方法についてや、留置場で面会できる人に関して、弁護士先生に相談したいです。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2015 Takeshi Okano Last Updated May 2017