痴漢に強い弁護士

暴行 実名報道されるのを避けたい

「暴行事件が実名報道されたら社会復帰できないのでは…」「そもそも実名報道は名誉毀損になるのでは…」

暴行事件の実名報道についてお悩みの方へ。暴行事件を起こしてしまっても、弁護士を付けて事件を速やかに解決することで、実名報道のリスクを下げることができます。

早めに暴行事件に強い弁護士に相談して、実名報道を防ぎましょう。

暴行事件を起こしたら、実名報道されてしまいますか?

ほとんどの事件が実名報道されていないのが実情ですが、まれに実名報道される場合があります。実名報道されるかに関しては、明確な基準はありません。一般的には、逮捕された人の職業が、公務員、医師、弁護士、教師など、世間の耳目を集める職業の場合は、報道されやすいといえます。

また、捜査機関の担当者からマスコミに情報がリークされて、実名報道されるケースがほとんどです。

実名報道を避けるために、弁護人はどのようなことをしてくれますか?

実名報道されないためには、弁護人を通して被害者と示談交渉し、警察が関与する前に事件を解決するのが一番安全です。警察が関与する前に示談できれば、実名報道されることもありません

仮に、警察が事件に関与した後であっても、弁護人から捜査当局に対し、情報をリークすることを控えるよう意見書を提出する手段が有効です。この意見書に法的効果はありませんが、マスコミに情報リークされ実名報道されるリスクを下げる事実上の効果は期待できます。

いったん実名報道されると、新聞やテレビのニュースの他、インターネット上で情報がいつまでも検索できる状態となり、プライバシーの侵害は大きなものとなります。反面、実名報道されなければ、再就職などの社会復帰がスムーズになります。

したがって、早期に弁護人を依頼し、実名報道されないための適切な対策をとることが重要となります。

弁護士がつくメリット
 弁護士なし弁護士あり
被害届提出前の解決非常に困難示談により可能
実名報道される可能性ありされない、あるいは可能性が下がる

実名報道されてしまった場合、名誉棄損でマスコミの責任を追及できますか?

実名報道されても、マスコミに対して、名誉棄損としてその責任を追及することは大変困難です。

刑法は、名誉棄損に問わない場合の要件の一つとして、「公共の利害に関する事実であること」を定めています。そして、裁判前の犯罪行為に関する報道は、「公共の利害に関する事実」とみなすことも定めています。したがって、実名報道の場合、マスコミに対して名誉棄損で責任追及をすることは難しいのです。

そこで、実名報道されることを防ぐための適切な弁護活動が重要になるのです。


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談