逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ

暴行の拘留とは?

暴行罪の拘留に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。暴行罪の法定刑に拘留というものがありますが、どのような刑事罰なのでしょうか。

Q 拘留とはどのような刑事罰ですか?

拘留は、懲役刑と同様に、身柄を一定期間拘束する自由刑と位置づけられます。拘留の期間は1日間から29日間と短期間です。

刑法の中で拘留が定められている犯罪として、暴行罪のほか、侮辱罪と公然わいせつ罪があります。拘留は有罪判決ですので、前科が付きます。

懲役刑よりも拘留のほうが軽い刑事罰になります。ただし、懲役刑の場合には3年以下の懲役に執行猶予がつくことがあるのに対し、拘留には執行猶予がつかず、必ず実刑判決になる点が大きなデメリットといえます。

期間 1日間~29日間
内容 刑務所での拘置
刑の執行猶予 不可
前科 前科になる。

Q 暴行罪で拘留になることはありますか?

暴行罪の法定刑として拘留が定められていますが、拘留になる可能性は極めて低いようです。平成26年の統計データによれば、全ての刑事事件について、拘留判決がなされたのは、最近5年間でも1年間で10件未満しかありません。

暴行罪で起訴された場合であっても、拘留になる可能性はほとんどないと考えて問題ないでしょう。

拘留には執行猶予がなく、即時に刑務所に収監されてしまう点が、懲役刑で執行猶予がついた場合に比して均衡を欠くため、実務上はあまり利用されていないものと推測できます。

拘留 科料
平成22年 3067
平成23年 2964
平成24年 2868
平成25年 2559
平成26年 2417
(平成26年検察統計年報)

これ以外にも、暴行事件についての今後の捜査の見通しや、処分の見込みについて知りたいという方は、お気軽に当事務所までご相談ください。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2015 - Takeshi Okano
アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)