逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ

暴行で骨折した場合の慰謝料は?

暴行で骨折した場合の慰謝料に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。暴行を加えて骨折させてしまった場合、暴行されて骨折した場合のいずれも、慰謝料の交渉が重要となります。

Q 暴行で骨折した場合に、裁判ではどれくらいの慰謝料が認められますか?

暴行により被害者が骨折した場合、暴行罪にとどまらず、傷害罪が成立することになります。

骨折の治療のために要する治療費、通院費用について損害賠償が認められるのは当然ですが、それ以外に、暴行による骨折で被害者に生じた身体的・精神的苦痛に対する慰謝料についても支払う義務があります。

暴行による骨折の事案でも、暴行の態様・期間・頻度や、骨折の部位・程度も様々ですので、慰謝料を一概に相場としてお示しすることはできませんが、過去の裁判例をご紹介します。

路上で歩いていた面識のない被害者に対し、相当強度な暴行を複数人で加えたため、右眼窩底骨折、鼻骨骨折等の傷害を負った事案では、慰謝料として180万円が認められています。

もう一つの事例は、知的障害者更生施設の職員が、入所者に継続的に数年間にわたり体罰を加えていた事案で、慰謝料として100万円が認められています。

この2つの裁判例は、暴行の態様が比較的悪質な部類に属するため、これより軽微な暴行事案であれば、慰謝料額はこれより低額になることが見込まれます。

ただし、暴行により被害者がPTSDやうつ病などの精神疾患に同時にかかってしまい、長期入院が必要となった場合には、より高額な慰謝料が認められる可能性があるため、注意が必要です。

事案 慰謝料額
被害者の顔面を殴打し、髪の毛を掴んで引っ張り、被害者の上に馬乗りになった上、被害者の頭や顔面を殴打し、蹴り飛ばしたため、右眼窩底骨折、鼻骨骨折等の傷害を負った事案(東京地裁平成25年3月12日) 180万円
知的障害者更生施設の職員が入所者に対し、数年間にわたり体罰を繰り返し、その中で歩行訓練中に故意に転倒させて骨折させた事案(千葉地裁平成17年6月16日) 100万円

暴行の被害者との間の示談交渉は、デリケートな性質を持つとともに、示談金額の条件で合意するのが難しいため、示談の経験が豊富刑事専門の弁護士にお早めにご相談ください。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2015 - Takeshi Okano
アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)