逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ

岡野武志

岡野武志
岡野武志(おかのたけし)

日米の実社会で揉まれて得た
圧倒的な行動力と、タフな精神力が、
他の弁護士にはない私の強みです。

所属事務所 アトム法律事務所
所属弁護士会 第二東京弁護士会
登録番号 37890
出身 大阪府
学歴 Beasley School of Law at Temple University (LL.M. Programs) 修了
趣味 筋トレ、トライアスロン
座右の銘 退路を断つ、一点集中
メディア出演 NHK「ニュースウォッチ9」 フジテレビ「ノンストップ!」 テレビ朝日「モーニングバード!」「やじうまプラス」 読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」「たかじんのそこまで言って委員会」 TBSテレビ「スパモク!!」「Nスタ」 テレビ東京「現場の3分間 その時、あなたはどう動く?」 TOKYO MXテレビ「5時に夢中!」 毎日新聞 日経ビジネスアソシエ 他多数
法律監修 NHK「聖女」 テレビ朝日「相棒season13」 フジテレビ「鬼女」 フジテレビ「夏樹静子サスペンス 光る崖」 フジテレビ「絶対零度~未解決事件特命捜査~」 フジテレビ「素直になれなくて」 日本テレビ「35歳の高校生」 映画「漫才ギャング」 ほか多数
岡野武志

自己紹介

弁護士の岡野武志です。高校卒業後、日米でのフリーター生活を経て、司法試験に合格し、アトム法律事務所を創業しました。 18歳で高校を卒業し、28歳で司法試験に合格するまで、バーテンダー、各種工事の現場作業員、人材派遣コーディネーターなど、数々の仕事を経験したことが今の仕事の下地となっています。 日米の実社会で揉まれて得た圧倒的な行動力とタフな精神力が、他の弁護士にはない私の強みです。

岡野武志

刑事事件弁護への想い

刑事事件の被疑者となってしまいお困りの方へ。 突然のことで困惑していることと思います。まずは刑事事件や刑事裁判の流れを知るためにも、私たちの主催する無料相談をご利用ください。無料相談を受ける中で、示談での解決や不起訴で済む方法が見つかるかもしれません。また、弁護士の選び方や弁護士費用の計算方法についても、無料相談の中でお伝えすることができます。刑事事件の解決はタイミングが大切です。お気軽にご相談ください。

弁護士紹介(五十音順)

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2015 - Takeshi Okano
アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)