逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ

野尻大輔

野尻大輔
野尻大輔(のじりだいすけ)

つらい状況に追い込まれてしまった
人々の最後の助けとなるべく、
熱意と粘り強さをもってサポートいたします。

所属事務所 アトム法律事務所横浜支部
所属弁護士会 神奈川県弁護士会
登録番号 45345
出身 神奈川県
学歴 慶應義塾大学法学部卒業
東京大学法科大学院修了
趣味 ランニング、読書
座右の銘 初心忘るべからず
メディア出演 TBSテレビ「Nスタ」 フジテレビ「アゲるテレビ」
野尻大輔

自己紹介

はじめまして、弁護士の野尻大輔と申します。困っている人を助けたい、との想いから弁護士になりました。身内が逮捕された、警察から連絡がきた、交通事故に巻き込まれてしまった。不幸にもつらい状況に追い込まれてしまった人々の最後の助けとなるべく、熱意と粘り強さをもってサポートいたします。どんな相談内容であれ、親身になって耳を傾け、少しでも力となるべく最善のアドバイスを心がけます。よろしければ、ご相談ください。

野尻大輔

刑事事件弁護への想い

逮捕されたり、訴えられたりしたとき、一人で国家権力を相手に戦うことにはつらいものがあります。そのような不安を抱えている被疑者・被告人の方の力に少しでもなりたい。この思いから、刑事弁護士を志しました。依頼人の方のお話を真摯に聞き、謙虚に向き合うこと。そして、依頼人の方の利益のため、熱意と粘り強さをもって事件に取り組むことを心がけています。依頼人と刑事弁護士はともに刑事手続きの中を戦うパートナーです。少しでも不安なことがあれば、是非とも当所の弁護士にご相談ください。

弁護士紹介(五十音順)

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2015 - Takeshi Okano
アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)