痴漢に強い弁護士

暴行は親告罪か?

「暴行罪は親告罪なのか」「親告罪とはどのような罪なのか」

暴行は親告罪に当たるのかどうかについて知りたい方へ。暴行罪は親告罪ではありません。したがって、暴行事件で被害者が警察に告訴しない場合でも、立件される可能性があります。

暴行事件に強い弁護士に相談して、事件をスムーズに解決しましょう。

Q 親告罪とはどういう意味ですか?

親告罪とは、被害者からの告訴がなければ、起訴できない犯罪のことをいいます。器物損壊罪や名誉毀損罪などを親告罪の例として挙げることができます。

Q 暴行罪は親告罪ですか?

暴行罪は親告罪ではありません。したがって、被害者の告訴がなくても、警察は暴行事件として立件することができます。

ただし、被害者が告訴状だけでなく、被害届も出していない場合には、事実上、暴行罪で立件されることはほとんどありません。例外的に、被害届がなくても、現行犯逮捕の手続がとられていれば、事件として立件されてしまいます。

暴行罪は親告罪ではありませんので、告訴がなくても刑事手続にあまり影響はありません。しかし、被害届は重視されていますので、被害者と示談が成立しているか否かは、立件されるかどうかや刑事処分の帰趨において重要な点になります。

 被害届あり被害届なし
告訴あり立件可能性大立件可能性大
告訴なし 立件可能性大立件可能性小

暴行で警察に立件されそうな場合には、早急に刑事弁護に強い弁護士にご相談ください。迅速に被害者と示談を成立させることができれば、警察の立件を阻止し、立件されたとしても微罪処分または不起訴になり、前科がつかない可能性が高まります。


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談