逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 弁護士紹介と事務所概要

弁護士紹介と事務所概要

  • 1 暴行事件でお悩みの方へのメッセージ

bengoshi_p1

暴行事件の法律相談を担当し、これまで数多くの暴行トラブルを解決してきたアトム法律事務所の弁護士たちをご紹介します。

暴行事件との関係で、アトムの弁護士の一番の特徴は暴行トラブルの示談に強いという点です。アトムの弁護士たちは、これまで刑事専業の法律事務所の構成員として、一般的な弁護士とは比較にならない数の示談を成立させてきました。暴行事件においては、示談の成否がその後の刑事手続を左右します。スピーディーに活動に着手し、被害者の心情を汲んで上手に示談を成立させる弁護士に弁護活動を依頼することが大切です。

また、アトムの弁護士は、刑事弁護に強い法律事務所の一員として、身柄開放活動や警察官・検察官との交渉にも精通しています。暴行事件でご家族が逮捕された場合など、一刻一秒を争う事態です。逮捕後に弁護士が活動し、勾留が認められなかった場合などは、逮捕された被疑者はすぐに釈放されることになるので、ご家族としても非常に安心できます。

office_name

  • 2 弁護士紹介(五十音順)

  • 3 アトムグループ

アトム法律事務所弁護士法人は、刑事弁護活動を実際に行う新宿・北千住・横浜・名古屋・京都・大阪・福岡の支部事務所と、法人全般の管理業務を行う本社事務所によって構成される刑事弁護サービスグループです。

特徴1:ご依頼者様の罪が軽くなる。

日本で数少ない刑事事件を専門に取り扱う弁護士事務所であるアトム法律事務所なら、これまでの日本全国で積み重ねてきた経験と実績に基づき、捜査機関や裁判所とタフに交渉し、ご依頼者様に有利な結果を取り付けることができます。その結果、ご依頼者様は事件を起こす前と同じ生活を再び取り戻すことができます。

特徴2:ご依頼者様の勾留期間が短くなる。

新宿・北千住・横浜・名古屋・京都・大阪・福岡に弁護士事務所があるアトム法律事務所なら、ご相談を受けてから直ちに日本全国の警察署に出張し、事件に対応することができるため、ご依頼者様の勾留期間を短くすることができます。その結果、ご依頼者様は釈放された後、これまでと同じ職場や学校に復帰することができます。

特徴3:被害者の方と仲直りできる。

日本一を目指して刑事事件の相談を専門に取り扱ってきたアトム法律事務所なら、これまでの日本全国で積み重ねてきた経験と実績に基づき、ご依頼者様と被害者の方の仲をスムーズに取り持つことができます。その結果、ご依頼者様は被害者の方と仲直りし、その後の捜査や裁判で有利な取り扱いを受けるができます。

ATOM 全国

  • 4 組織概要

アトム法律事務所弁護士法人は、刑事事件に強い弁護士と専門スタッフによって組織された刑事弁護団体です。組織一丸となって刑事弁護に取り組むことで、他の法律事務所には真似できない大きな成果を上げてきました。

名称 アトム法律事務所弁護士法人
Atom Legal Professional Corporation
ミッション 「時代に最適化された技術で社会に潜在する法的ニーズを抽出し、相談者の要望を汲み取り最高の結果を残すことで、バランスの取れた日本社会の実現に貢献すること」が、アトム法律事務所のミッションです。
代表者 弁護士 岡野武志 (第二東京弁護士会)
弁護士数 13名(平成27年12月現在)

弁護士 浦田忠興(大阪弁護士会所属)
弁護士 太田宏美(第二東京弁護士会所属)
弁護士 岡野武志(第二東京弁護士会所属)
弁護士 加藤孔明(愛知県弁護士会所属)
弁護士 竹原宏征(第二東京弁護士会所属)
弁護士 永田将騎(横浜弁護士会所属)
弁護士 野﨑元晴(福岡県弁護士会所属)
弁護士 野尻大輔(愛知県弁護士会所属)
弁護士 野根義治(第二東京弁護士会所属)
弁護士 藤垣圭介(大阪弁護士会所属)
弁護士 松毛耕介(第二東京弁護士会所属)
弁護士 代次徹也(京都弁護士会所属)

事務職員数 20名(平成26年6月現在)
所在地 アトム法律事務所本社
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-17-10 サンハイム永田町9階
Email info@atombengo.com
アトム法律事務所新宿支部
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-13-8 朝日新宿ビル8階 地図はこちら
Email tokyo@atombengo.com

アトム法律事務所北千住支部
〒120-0034 東京都足立区千住2-22 SKビル3階 地図はこちら
Email kitasenju@atombengo.com

アトム法律事務所横浜支部
〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1-11-5 相鉄KSビル8階 地図はこちら
Email yokohama@atombengo.com

アトム法律事務所名古屋支部
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4-13-7 西柳パークビル3階 地図はこちら
Email nagoya@atombengo.com

アトム法律事務所京都支部
〒600-8008 京都府京都市下京区四条通烏丸東入長刀鉾町8 京都三井ビル3階 地図はこちら
Email kyoto@atombengo.com

アトム法律事務所大阪支部
〒530-0057 大阪市北区曽根崎2-5-10 梅田パシフィックビル2階 地図はこちら
Email osaka@atombengo.com
アトム法律事務所福岡支部
〒810-0041 福岡市中央区大名2-8-22 天神偕成ビル2階 地図はこちら
Email fukuoka@atombengo.com
業務内容 刑事事件の加害者側を弁護する活動
(具体例)

・ご依頼者様が警察に逮捕されるのを阻止する活動
・ご依頼者様を留置場から釈放する活動
・ご依頼者様が刑務所に収監されるのを阻止する活動
・被害者の方との示談交渉
・無罪を主張し、ご依頼者様の無実を証明する活動

過去の実績 こちらのページをご参考ください。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2015 Takeshi Okano Last Updated May 2017