暴行事件で逮捕されたなら
フリーダイヤル0120-631-276
24時間365日受付無料

1.早いほど良い暴行事件の法律相談

暴行・脅迫事件で逮捕されても、弁護活動によっては早く留置場から出ることができます。
早く留置場から出るためには、逮捕の後に勾留されないことが大切です。
逮捕の後に勾留されないためには、犯した罪を素直に認めて反省し、親や配偶者などの身元引受人を確保した上で、弁護士を通じて検察官や裁判官に「証拠の隠滅や逃亡をしないこと」を主張していく必要があります。

特に、暴行や脅迫事件の場合、勾留の必要性を判断する検察官や裁判官としては、ご相談者様を釈放すれば被害者にお礼参りなどの働きかけをするのではないかと懸念するため、弁護活動によりこの点をしっかりとカバーする必要があります。

また、10日間の勾留が決定された場合でも、その後に弁護士を通じて被害者と示談を締結する等、ご相談者様に有利な事情の変更があれば、通常の日程よりも早く留置場から釈放される場合があります。

2.アトムの法律相談 

アトム法律事務所では、年中無休24時間、法律相談を受け付けています。事前にご予約をいただければ、深夜・土日祝日の相談にも対応可能です。

また、身柄を拘束されている方のご家族を対象に、無料法律相談を行っています。「逮捕・勾留されたがこれからどうなるのか不安だ」「被害者と示談したいがどうしたらよいか分からない」など、刑事手続きについてご不安・ご不明な点をぜひご相談ください。

暴行事件についてのアトム法律事務所のお悩み解決プラン

1.釈放してほしい
2.不起訴にして欲しい
3.執行猶予にして欲しい
4.示談をしてほしい
5.面会や差し入れをして欲しい
6.今後の捜査が不安だ
7.仕事をくびになりたくない
8.無実を証明して欲しい

3.暴行罪の弁護のアトム法律事務所の実績

(272号事件)
ご依頼者様(大学生、20代男性、前科なし)が、夕方の路上で、見知らぬ通行人女性の胸を揉んだ容疑で逮捕された事件です。
・解決例
逮捕から釈放された後に事件を受任。弁護活動により被害者と示談が成立したため、事件は不起訴で終了しました。
(153号事件)
ご依頼者様(プロダクション経営、20代男性、前科なし)が、同僚と共謀して、取引先の相手に暴行を加え傷害を負わせ、200万円を脅し取ろうとした容疑で逮捕された事件です。
・解決例
逮捕された後に事件を受任。弁護活動により被害者と示談が成立したため、ご依頼者様は留置場から釈放され、事件はすべて不起訴で終了しました。
暴行事件で逮捕されたなら
フリーダイヤル0120-631-276
24時間365日受付無料
※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。