逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ

代次徹也

代次徹也
代次徹也(よつぎてつや)

お客様のニーズに合わせた
必要十分な弁護活動の提供が可能です。
一人で悩まずお気軽にご相談下さい。

所属事務所 アトム法律事務所京都支部
所属弁護士会 京都弁護士会
登録番号 48065
出身 京都府
学歴 同志社大学法学部卒業
立命館大学法科大学院修了
趣味 水泳、歴史
座右の銘 何事も前向きに行動することが可能性を生む
代次徹也

自己紹介

京都支部の支部長弁護士の代次です。 私は、今まで数多くの事件を解決してきました。そこで感じたのは、弁護士にも専門分野があるということです。 弊所は、刑事事件、交通事故事件を主に扱う特殊な事務所です。だからこそ、その分野に関しては、圧倒的な知識と経験を有しており、お客様のニーズに合わせた必要十分な弁護活動の提供が可能です。 不安を抱えておられるのであれば、一人で悩まずお気軽にご相談下さい。一緒に事件を解決しましょう。

代次徹也

刑事事件弁護への想い

私は、数多くの事件を解決してきましたが、刑事事件のスピードは予想以上に早く、「どうしよう」と悩んでいる間に事態が悪化することもあります。 弊所は、刑事事件を主に扱う特殊な事務所です。だからこそ、圧倒的な知識と経験を有しており、お客様のニーズに合わせた必要十分な弁護活動の提供が可能です。 不安を抱えておられるのであれば、一人で悩まず気軽にご相談下さい。一緒に事件を解決しましょう。

弁護士紹介(五十音順)

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

暴行事件のよくある相談

暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2015 - Takeshi Okano
アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)