痴漢に強い弁護士

暴行の結果的加重犯とは?

暴行の結果的加重犯に関する相談について、暴行事件に強い弁護士がお答えします。法律の専門用語で結果的加重犯というものがあります。暴行の場合、どのような意味があるのでしょうか?

Q 結果的加重犯とはどういう意味ですか?

結果的加重犯とは、意図していた犯罪の結果以上に重い結果が発生した場合に、その重い結果に相当する犯罪の成立を認めることをいいます。

具体的には、傷害罪と傷害致死罪、強姦罪と強姦致死罪、強盗罪と強盗致死罪などがあります。

結果的加重犯が成立するために、重い結果についても行為時に予見することができたことまで必要か否かについて、争いがあります。判例は、重い結果について予見できたことまでは必要ないと(予見可能性不要)いう立場です。

したがって、殴打行為によって相手を殺すつもりがなく、死亡することまで予見できなかったとしても、殴打行為が原因で死亡すれば、傷害致死罪に問われることとなります。

Q 暴行の結果的加重犯にはどういうものがありますか?

暴行の結果的加重犯としては、傷害罪と傷害致死罪の2つがあります。相手の顔面を殴打する行為1つをとってみても、殴打により生じた結果と、行為者の主観によって、犯罪名が変わります。参考までに、下表をご覧ください。

行為 結果 故意の内容 罪名
顔面殴打 なし 暴行 暴行罪
顔面殴打 頭部から出血 暴行 傷害罪
顔面殴打 頭部から出血 傷害 傷害罪
顔面殴打 頭部から出血 殺害 殺人未遂罪
顔面殴打 脳出血で死亡 暴行 傷害致死罪
顔面殴打 脳出血で死亡 傷害 傷害致死罪
顔面殴打 脳出血で死亡 殺害 殺人罪

表中の2番・5番・6番が、故意の内容よりも重い結果の犯罪に問われることになりますので、結果的加重犯に当たります。

暴行事件により、予想していた以上の結果が発生し、傷害罪や傷害致死罪に問われてしまうことは、本人にとっては辛いことだと思います。

しかし、結果的加重犯の場合には、そこまでの意図がなかったことを捜査機関に理解してもらえれば、不起訴などの軽い処分で済み、前科を阻止できる場合が少なくありません。

粘り強く捜査機関に説明し、納得してもらうためにも、刑事弁護専門で暴行事件に強い当事務所の弁護士のアドバイスを受けながら適切な対応をしましょう。


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談